★注意点★必ずお読み下さい。

ご依頼いただく前に必ずお読み下さい。



★ご自分で染み抜きしたものは、お受けできない場合がございます。



★お着物を当店へ送って頂く時、風呂敷などに包まないでください。
風呂敷をお返しできません。



★他店で落ちなかったシミは、お受けできない場合もございます。
シミが抜けず、まわりの色が抜けている場合があったり、強い薬品を使われて生地が弱くなっている場合や擦れ出来ている場合がございます。



★仕上がりを上旬、中旬、下旬とお知らせする場合がございます。
上旬とは1日~10日、中旬を10日~20日、下旬を20日~31日とさせていただいております。



★お着物仕上がりの連絡日から3週間してもお引き取りがない場合は保管料がかかります。



★クリーニングのみのご注文のお着物は、クリーニング後シミがあってもそのまま仕上げさせていただきます。
きちんと全部綺麗にしたい方は、ご依頼フォームの「クリーニング後のシミの検査」を「する」に、ご選択下さい。



★襦袢の衿芯は、必ず抜き取ってお出しください。



★梱包の際に包んでおりますプチプチシートは必ず取って保管してください。
お着物はたとう紙に入れておりますので、そのまましまえます。



★お着物は、最低年1回は陰干ししてください。



★クリーニングをしたからといって永久にシミがでないという保証はございません。
様々な要因によって変色やトラブルがおこる可能性がございます。



★お手元に届きましたら梱包を早めに解いて下さい。
細心の注意を払い、丁寧な梱包を行っています。



★生地や装飾の劣化により、丸洗いや染み抜き出来ないと判断したときは着払いにてお返しさせていただきます。



★染み抜き検査は、必ずお着物を丸洗いしてからの検査となります。
検査をご依頼頂いた時点で「染み抜きをしない」という場合でも、着物クリーニング料金が発生いたします。
但し、丸洗い前に染み抜きが出来ないとクリーニング師が判断した場合は、料金は発生しません。



★ご依頼が集中した場合は、予告無しに受付を止めさせていただく場合がございますのでご了承下さい。
お客様からお預かりしたお着物のお手入れをきちんとさせていただく為です。ご理解を宜しくお願いいたします。



★定休日の日曜祭日は宅配での受取が出来ません。
翌営業日に、お着物到着のご連絡をさせて頂きます。



衿芯(えりしん)は抜き取って下さい。

衿芯を抜き取る
半衿の中の衿芯(えりしん)は抜き取って下さい。
襦袢をしまう際にも抜き取り、まっすぐにした状態で保管いただくことをお勧めいたします。

衿芯の抜き取り方につきましては、コチラを参考にして下さい。→ 初心者でも安心「着物基礎知識」



「半衿」は外してクリーニングさせて頂く場合がございます。

色うつりした襦袢
襦袢の半衿が色物(赤・黒・紫色など)の場合には、洗浄工程で色が流出し、淡い色の部分へ色うつりする危険がございます。
こちらの画像は、他店のクリーニングで色うつりしてしまったと、当店にご相談にいらしたお客様のお着物です。このように半衿も同じような現象が起こる可能性があります。
この着物は溶剤で洗って色が流れ出てしまった例です。水でも色が落ちる着物もあります。これは着物に問題があるのですが お手入れする側は細心の注意が必要になります。
この様な半衿と判断した場合、当店で半衿を外してクリーニングさせて頂いております。その際、縫い付けはせず、外した状態でのお届けとなりますのでご了承下さい。縫い付けが必要な場合は、半衿お仕立て料金が別途かかります。もちろん、事前にお客様へご連絡をしてから半衿を外させて頂きますのででご安心下さい。

半衿仕立て 1,200円

※価格は全て税抜です。