「七五三」の意味と由来

七五三文字
七五三
七五三の起源は室町時代といわれています。当時は乳幼児の死亡率が高かったそうです。そのため、七五三のお祝いは今まで無事に成長したことへの感謝と、これからの将来と長寿を願う意味を持っています。
七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味でお祝いします。
三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険を伴う時期なので、健やかな成長を氏神様にお祈りをします。

3歳 イラスト3歳…男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”
shichigosan5 25歳…男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”
shichigosan7 27歳…女の子の着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

そもそもなぜ七五三は11月15日にお祝いすることになったのでしょうか?
体の弱かった、将軍徳川家光の子供、徳松(後の将軍、綱吉)の健康のお祈りをしたのが11月15日だからとか。そのお祈りの後、徳松がすくすくと成長したことにあやかって七五三の式日として広まったと言われています。



七五三 3歳 被布被布(ひふ)
3歳ではまだ帯は締めません。兵児帯などで着付け、その上に着るベストの様なものが被布(ひふ)です。七五三以外にもお正月やひな祭り等にも着る事ができるので、持っていると何度も活用できます。


七五三 5歳 羽織羽織(はおり)
羽織は、フォーマルスーツで言う上着と同じで、日本の男性の正装は紋付羽織袴です。
よく、羽織は着せなくても良いか?という方がいらっしゃいますが、一生に一度の5歳のお祝い…是非、紋付羽織袴の正装でかっこ良く着せて上げて下さい。


半衿半衿(はんえり)
半衿とは、襦袢の襟に縫い付ける襟の事です。半衿はつけなくて良いのか?悩む方がいらっしゃる様ですが、是非つけてあげて下さい。着物の襟のアクセントになります。チラリと見える半襟が着物と重なる事で美しさが違いますよ。


七五三イラストお参りはどこの神社でも良いの?
その土地の神社へ、つまりお家の近くの神社に行くのが良いでしょう。(初詣などと同じですね。)しかし現在では、神社やお寺に神職の方が常にいるとは限りません。ご祈祷をしてもらう場合は、その神社に神職の方がいるか、ご祈祷料(初穂料・玉串料等)、駐車場の有無などを事前に調べておきましょう。有名だからと、あまり遠くの神社へ行っても、お子様が疲れてしまう場合が多いようです。自分が住む土地の守り神に子供の健康と安全をお願いするのが一番だと思います。


千歳飴イラスト千歳飴って必要?
江戸時代に、子どもの健やかな成長と長寿の願を込め、「長く伸びる」という縁起にあやかって、おめでたい紅白の長い棒飴がつくられました。
また、袋に縁起のいい絵柄が描かれている千歳飴は、歳の数だけ袋に入れ、お福分けとして親戚やご近所に配る習慣があります。
お祝いですし、お子様も喜びますので是非持たせてあげて下さい。


お宮参りの着物や襦袢を七五三で使う場合はお直しをしましょう!

お宮参りと七五三の着物の違い
お宮参りの着物は通常の着物の様に袖口が作られずに、広口袖(大名袖と言います)です。このままでは袖から襦袢が丸見えになってしまいます。
このため、お宮参りの着物は袖の角を仕立ててありません。七五三では丸い袖に仕立てた状態で着るのが通常です。

また、お宮参りの着物は、たいていが着物と下着の2枚組です。着物+下に着る着物(下着)、その内側に付け袖がついています。
これを、七五三で着るとなると、下に着る着物(下着)を襦袢代わりに着ることになります。
襦袢の袖の中に、もう一枚袖がついていると言う事は、「2枚の襦袢を重ねている」という事になります。これは余計なので、七五三で使う時は付け袖を取りましょう。

お直しはお金をかけて仕立て屋さんに出さなくても自分で簡単にできますよ!
「自分でできる!針仕事」のページでお直しの仕方をご紹介していますので、是非参考にしてみて下さいね♪

自分でできる!針仕事


「お宮参り」の意味と由来「成人式」の意味と由来
着物基礎知識TOPに戻る