「成人式」の意味と由来

成人式
成人式
昔は16歳になったら大人とみなされていました。
成人式は一言で言うと20歳になった若者の「大人の仲間入り」の儀式ですね。
そもそもの由来はと言いますと、大河ドラマなどでもおなじみの「元服」と呼ばれる儀式から来ているそうです。



主に16歳の男子が子供の髪型から大人の髪型へと替えるという儀式でした。
烏帽子を付けるのも元服してからとなるので、元服の事を「烏帽子式」と呼ぶ事もあるそうです。
女子の場合は元服ではなく、「裳着(もぎ)」と呼ばれる儀式がありました。
裳と呼ばれる腰下の着物を付けるための儀式だったそうで、特に位の高い家柄の女子が行っていたそうです。

ふんどし
当時の女性は、この儀式が終わると子供から大人になったとみなされるようになり、結婚する事もできるようになったそうです。
さらに着物だけでなく化粧や、眉を剃って眉を書く事もこの儀式のあと許されるようになっていたようです。

「元服」も「裳着」も位の高い家柄の通過儀礼でしたが、庶民にも成人式のような通過儀礼として「褌祝」という儀式があったそうです。(ふんどしいわい、へこいわいなどと呼ばれています)
かつては褌(ふんどし)が一人前の男性しかつけることが出来ない下着だったそうで、16歳が近づくと初めてふんどしを締めて大人の仲間入りのお祝いをしたそうです。
昔は16歳で責任ある立派な大人とみなされていたのですね!



「成人式」と呼ばれる様になったのは戦後。

第二次世界大戦が終わった直後の1946年から20歳になったら大人という考え方になったそうで、その年に初めて「成人式」が行われたそうです。
戦後の厳しい社会情勢の中で、将来を担う若者たちを激励しよう!と、埼玉県蕨市が祭を企画たそうで、それを「成年式」と呼んだそうです。
これが非常に好評で、全国的に普及させようと言う運動が起こり、成人の日が制定され、現代に至ります。
成人式イメージ



「お宮参り」の意味と由来「七五三」の意味と由来
着物基礎知識TOPに戻る