七五三の準備

七五三の準備
基本的には着付けをしてくださる方に確認をし、揃えるのが間違い無いのですが、あくまでも参考としてご紹介致します。



【七歳の準備】
七五三の七歳は「帯ときの儀」といって、四つ身の着物ではじめて大人のように帯を結ぶ儀式です。
お子様が苦しくならないよう着せてあげる事が大切です。多少動いても着崩れせず、苦しくならない着付けのポイントは、胸ひもはゆるめに、腰ひもはしっかり結ぶことです。

7歳着物アイコン
7歳襦袢アイコン
七五三準備7歳帯
着物、襦袢(半衿)、帯以外にそろえるもの

着物を着る前に下着としてキャミソール タンクトップなど、首回りが開いた物を着せてあげて下さい。



【五歳の準備】
七五三の五歳は「着袴の儀」といって、男の子がはじめて袴を身につける儀式です。
えりをきちっと合わせて衣紋は抜かず、袴を後ろ上がりにすると男の子らしく、かっこよく着せられます。

七五三 5歳 着物

七五三 5歳 襦袢

七五三 5歳 羽織

七五三 5歳 袴

着物、襦袢(半衿)、羽織、袴、袴帯以外にそろえるもの
肌着は着なくても、タンクトップなどで大丈夫だと思いますが、衿の開いたものを着せてあげて下さい。
※七五三5歳の男の子の着物は、ほとんどが着物とセットで販売されています。足りないものが無いか、参考にして下さい。




【三歳の準備】
七五三の三歳は「髪置きの儀」といって、女の子がはじめて髪を結う儀式です。
手早く簡単に着せられ、お子様本人も楽な「へこ帯」と被布が一般的です。着物は三つ身と呼ばれる幼児向きのものを選んで下さい。

七五三 3歳 着物
七五三 3歳 襦袢
七五三 3歳 被布

着物、襦袢(半衿)、被布、以外にそろえるもの
肌着は着なくても、タンクトップなどで大丈夫だと思いますが、衿の開いたものを着せてあげて下さい。



各行事の準備についてTOPに戻る