KIMONO de couture ご依頼の流れ



TOPご依頼の流れ料金について私たちの想い着物デ・クチュール 事例集


着物デ・クチュールのご依頼の流れについてご案内いたします。

【1】まずはご依頼フォームよりご依頼下さい。
ご依頼フォームの「ご依頼内容」で、「KIMONO de couture」を選択し、ご依頼下さい。(わからない方はお電話でも結構です。)
アレンジ柄足ししたお着物はビフォーアフター画像を掲載させていただいております。掲載不可の場合は、ご依頼フォームの『その他ご依頼内容』欄に「掲載不可」とご記入下さい。
足袋のサイズも忘れずに記載して下さい。(子供用足袋の場合は足袋の種類も記載して下さい。)
まるやま豆知識!
KIMONO de coutureではシミ抜きも別途ご依頼いただけますが、ここで豆知識!
長襦袢のしみを気になさって、それだけを新たに購入、またはシミ抜きを希望される方がいらっしゃいますが、長襦袢は振袖の丈に合わせ作られているので、新しく用意するのに反物から仕立てたり、既製品を仕立て直したりとお金もかかるし大変です。
お召しになって見えるところ、半衿が新しければ、あとは着てしまえばほとんど見えません。綺麗にクリーニングし、新しい半衿をつければわざわざシミ抜きをしなくても充分なんですよ♪
【2】お着物と、お嬢様のお顔がわかる画像、帯の画像を当店へ送って下さい。
ここから、具体的な打ち合せスタートです。当店よりお客様へご連絡し、ご要望をお伺い致します。
お着物と襦袢が当店に送られてくるという過程で、お嬢様の写真とあわせて使用する帯の写真を送ってもらいます(写真でも画像をメールで送るのでも、どちらでも良いです。)
画像の提供は任意となります。その場合はお着物のみにあわせてデザインさせて頂きます。
帯の画像は、あわせる小物の色などをコーディネートする為にも参考にさせて頂きます。
【3】打ち合せスタートです!
お嬢様のお顔立ちや雰囲気から、どんなデザイン、コーディネートが良いか?着物、帯もあわせてコーディネートさせていただきます。
一番難しい帯揚げ、帯締めの色のアドバイスも、ご提案させていただきます。
※お嬢様のお写真はデザインを考える資料としての目的以外、他に使用しない事をお約束致します。

例えばこんな感じにコーディネート案を出します。
簡単な合成画像ですが、帯揚げと帯締めの色が変わるだけで着物の印象が変わる事がわかります。

コーディネート案01

コーディネート案02

コーディネート案03

コーディネート案04

【4】柄足しのデザイン案を画像で送ります。
頂いた資料と打ち合せ内容、ご要望を元に、おおまかなデザイン案を決めて行きます。柄のイメージイラストや、着物を着た時のイメージがわかるように、おおまかではありますが帯や帯揚げや帯締めなどを合成した写真に柄足しをする箇所など、いくつかパターン出しをしてご提案させて頂きます。
Aパターンはいくら、Bパターンはいくら…といった様に、おおまかな金額もお出しします。何度かお客様と打ち合せを重ね、デザインを決定して行きます。

お客様とこんな感じでやりとりしています。
実際にどのような方法でお客様と相談しているか?過去に送らせていただいた提案メールの一部を紹介させていただきます。

image01
写真に帯や柄を合成して色のイメージがわかりやすい様にご提案しています。

image02

image03

色イメージ送ります(^^)
淡いピンクバージョンと、はっきりとしたピンクバージョンです!
可愛らしい雰囲気でまとめるのでしたら、淡いピンクがおすすめです。

「今回描こうとイメージしている半襟」
半襟のイメージ画送ります。ベースをキナリでレトロにするか、白でパキッといくか悩み中です♪
左右でさりげなく色を変えて、アシンメトリーにしようかと思っています☆

「アレンジ柄足しについて」
大きさの違う桜の花を足してエレガントに華やかにしました。
もう少し明るくしたい場合は、赤やピンクを入れても可愛いかとおもいます(^^)

着物とにらめっこして考えたのですが、桜が風に舞う流れで描かれているかっこよくて渋めなお着物を派手にするとなると、けっこう描き込まないとならない気がします。でもそれをする事によって、下品で安っぽくなってしまう気が。。
この高級感を邪魔しないかつ華やかさをプチプラスの提案が1番あっているかな?と思うのですがいかがでしょうか?(^^)

下前と後ろの裾に柄を足すバージョンと、それに加え右表、左後ろの袖にも花を足すバージョンでつくらせていただきました。
A〜Dの4パターン(画像付き)の中から1つお選びください。

上記プランにオプションとして、あと2つ提案させてください。
左襟元に描くとしたら、桜の花をいくつかプラスする感じが違和感なくて綺麗に仕上がると思います。

またもう1パターン描いてみました。少しだけ下のお花を大きくしたバージョン。ですが、、これが写真だといいけど実際に7から8センチ正方に入るくらいの大きさの花になるので、描いてますよー!という感じが出すぎたら違和感が出てしまうかなあと。○○様のご意見をお聞かせください。

茶模華
【5】お見積り・お支払い
デザインが決定し、正式なお見積り価格をお出し致します。お見積り料金にご納得いただきましたら、お支払いをお願い致します。
【6】お手入れスタート!
お客様に全てご納得頂いた上で、ここで初めてお手入れをスタートさせて頂きます。
お着物や襦袢のクリーニングをしてから、柄足しの作業へと進めて参ります。
柄足し作家 茶模華(ちゃもか)
【7】完成!お客様のお手元へ!
仕上がったお着物をお客様のお手元へ!素敵な成人式をお迎え下さい!
【納期について】
染み抜き、柄足しがなくKIMONO de couture基本プランのみのご注文でしたら約1ヶ月
KIMONO de couture基本プランにシミ抜きや各柄足しをプラスされてのご注文の場合は約2ヶ月
※繁忙期は変動しますのでご了承下さい。余裕を持っての準備をオススメします。



TOPご依頼の流れ料金について私たちの想い着物デ・クチュール 事例集