訪問着・黒留袖など

正絹
丸洗いで絹の着物の艶が出ます。

結婚式や同窓会、パーティーなど華やかな場で活躍するお着物たち…綺麗にして気持ちよく着ていただきたいです。
七五三などのお祝い事で、訪問着を着るお母様が多いです。お子様と一緒にお写真を撮ったりもするでしょうし、想い出の日にママのお着物がヨレヨレ…なんて事ではいけませんね!
着物クリーニング(丸洗い)するだけで、お着物の色艶、肌触りまで変わって来ますよ。
特に正絹(絹)のお着物は生地に艶が出ます。



黒留袖特別な日に袖を通す、特別な着物だからこそ…。

着物の中で最も格の高い着物の「黒留袖」は身内の結婚式や仲人をする時に着られる祝賀用のお着物です。
なかなか着る機会が少ない事と、次はいつ着るのかわからないからと、ついお手入れせずにそのままタンスへしまっていませんか?
いざ、着なければならないという時に

無かったはずのシミが…!!!

…なんて事にならないように、きちんとお手入れしておきましょう!
黒いお着物なので、特に衿もとにはファンデーションや汗などの汚れがつくと目立ってしまいます。



ついたばかりのシミであれば丸洗いで落とせます。

当店ではお着物を反物の形に解かず、お着物の形のままで洗浄を行う「丸洗い」を承っております。全日本みけし洗研精会で指南を受けたブラッシング中心の洗浄で、お着物の状態に合った丁寧なクリーニングを行っています。
ついたばかりのシミや汚れであれば、ほとんど丸洗いのみで落とせます。
また、今は見えなくても時間の経過で出てくる汗のシミもあります。
当店のクリーニング料金には「汗抜き」工程も含まれております。汗抜きをしておけば、長期保管をしても汗ジミや黄変(黄ばみ)などを起こす心配がありません。

着物クリーニングについて、詳しくはコチラ!
サービス一覧 着物クリーニング

汗抜きについて、詳しくはコチラ!
サービス一覧 汗抜き



着物クリーニング料金

無地・訪問着・附下げ・小紋・紬など
丸洗い+汗抜き 5,000円
黒留袖
丸洗い+汗抜き 6,500円
単衣着物
丸洗い+汗抜き 3,500円
長襦袢
丸洗い+汗抜き 2,500円

※価格は全て税抜です。



衿芯(えりしん)は抜き取って下さい。

衿芯を抜き取る
半衿の中の衿芯(えりしん)は抜き取って下さい。
襦袢をしまう際にも抜き取り、まっすぐにした状態で保管いただくことをお勧めいたします。

衿芯の抜き取り方につきましては、コチラを参考にして下さい。→ 初心者でも安心「着物基礎知識」



「半衿」は外してクリーニングさせて頂く場合がございます。

色うつりした襦袢
襦袢の半衿が色物(赤・黒・紫色など)の場合には、洗浄工程で色が流出し、淡い色の部分へ色うつりする危険がございます。
こちらの画像は、他店のクリーニングで色うつりしてしまったと、当店にご相談にいらしたお客様のお着物です。このように半衿も同じような現象が起こる可能性があります。
この着物は溶剤で洗って色が流れ出てしまった例です。水でも色が落ちる着物もあります。これは着物に問題があるのですが お手入れする側は細心の注意が必要になります。
この様な半衿と判断した場合、当店で半衿を外してクリーニングさせて頂いております。その際、縫い付けはせず、外した状態でのお届けとなりますのでご了承下さい。縫い付けが必要な場合は、半衿お仕立て料金が別途かかります。もちろん、事前にお客様へご連絡をしてから半衿を外させて頂きますのででご安心下さい。

半衿仕立て 1,200円

※価格は全て税抜です。



たとう紙は全て無料サービスです!

たとう紙無料サービス

クリーニングから戻って来た着物。ビニールを取って、綺麗にたたんでタンスにしまう事は、とっても難しく面倒ですよね…。
そんな負担を減らします!
クリーニングまるやまでは、お手入れ後のお着物は綺麗にたたんで、ビニールではなく、たとう紙に入れてお返ししています。
厚紙の台紙付きのたとう紙ですので、中でお着物が崩れる事を防ぎます。
着物が手元に届きましたら、そのままタンスの中へしまうだけだからラクチンですよ〜♪



古いシミにはシミ抜きで対応!

丸洗いで落ちない振袖のシミには「染み抜き」作業を行います。当店は主人自作の染み抜き剤を使い、色抜けや生地の傷みを発生させないよう留意しながら染み抜きを行っております。
20年前、30年前のシミがあるお着物、他店で落ちなかった染み抜きをご依頼いただくことも度々です。
染み抜き工程では事前に目立たない箇所で検査を行い、色の状態、生地の状態などをお客様にご報告の上で作業を進めて参ります。

訪問着イメージイラスト
・お母様・お祖母様のお着物を着用したい
・長期保管していた着物にシミを発見してしまった
・たくさんシミがあるが、目立つ箇所だけでもシミを抜きたい

この様な方は、是非ご相談下さい。
どうしても落ちない頑固なシミには、柄足しという方法があります。シミの上に絵柄を描き加えて消してしまう方法です。
当店専属の柄足し作家の茶模華(ちゃもか)さんに依頼して、柄足しを行っております。
是非、その技術をビフォーアフターでご確認下さい。柄足しビフォーアフター集

着物シミ抜きについて、詳しくはコチラ!
サービス一覧 シミ抜き
柄足しについて、詳しくはコチラ!
サービス一覧 柄足し