汗抜き

「汗抜き」は基本料金に含まれています。

大切なお着物を長く着ていただくためには、「汗抜き」の作業はとても大切です。
しかし他店のように汗抜き作業を別途料金としてしまうと料金が高くなり、お客様に気軽に汗抜きをご依頼いただけなくなってしまいます。
そのため当店では、通常のクリーニングに汗抜き作業をプラスして、クリーニング基本料金はそのままと致しました。
クリーニングのみご依頼いただくだけで汗抜きも行いますので、汗による黄ばみを心配せずに保管いただくことが可能です。



着物の汗抜きについて

「汗抜き」は、名前のとおり汗の成分を落とす工程のことです。
通常の着物クリーニングでは石油系の溶剤で洗浄を行っておりますが、この工程だけでは「汗」の成分を落としきれません。
丸洗い+汗抜きの工程を行うことで、大切なお着物を綺麗な状態にキープすることができます。



丸洗い、着物クリーニングだけでは、汗は落とせません。

汗抜き作業は、お着物の汗をかかれた部分を、水を使って汗の残留成分を染み抜きする作業です。この作業をきっちり行なっておけば、汗によるお着物の変色を、かなりの確率で防ぐことが出来ます。
こちらの襦袢は 汗の変色です。こうならないように、丸洗い後の「汗抜き」作業が重要になってきます。


汗抜き

どうして「汗抜き」が必要なの?

汗抜きを行わない生地は、「黄変」つまり「黄ばみ」を起こします。白いシャツやワンピースなどのお洋服が黄ばんだ経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
他店のクリーニング(石油クリーニング)を依頼した後、しばらくしたら黄ばみが出ていた…これは、汗の成分が繊維に残り、空気中の酸素と触れて酸化してしまうからなのです。
着物の生地も同じで、黄ばみを防ぐためには定期的な「汗抜き」が必要となります。
汗の成分は水洗いをすれば落とすことができますが、お着物の場合には水洗いに適していない素材も多いものです。 当店では汗の成分が多く残りやすい箇所(脇、ウエスト周辺など)を中心に「汗抜き」の作業を行っております。
またお着物の全面に汗の成分が残ってしまっている場合などには、当店では「汗抜き」ではなく「洗い張り」を推奨しております。
※洗い張りはお着物を仕立て直す必要がございますので当店では取り扱っておりません。



汗抜きはどのくらいの頻度で行えばいいの?

頻繁にそのお着物を着られるという場合には、ワンシーズンごと、シーズンの終わりに当店のクリーニングをご依頼いただけるのが理想的です。
またお着物を普段あまり着られないという場合、「しばらくこの着物を着ない、長くお着物をしまう」という時に当店にクリーニングのご依頼をいただければと存じます。



大切なお着物を守る汗抜き作業方法

当店では機械を一切使用せず、昔ながらの汗抜き工程作業を行っております。
大切なお着物を守るべく生地の状態を見ながら汗抜きを行ってまいりますので、安心してご依頼いただけます。


注意点
汗ジミになっている場合は、染み抜きが必要な場合があります。
全体的に多くの汗ジミがある場合は、着物の為にも洗い張りをお勧めしております。
※洗い張りはお着物を仕立て直す必要がございますので当店では取り扱っておりません。
※お宮参り、七五三セットにつきましては格安料金の為、汗抜きサービスはお受けしておりません。